本文へスキップ

秋田の離婚問題専門家。離婚相談・養育費・慰謝料・離婚協議書・公正証書・不倫・示談書・内容証明などのご相談と書類作成ならお任せください。全国各地からの依頼とご相談200件超の実績あり

TEL. 018-846-1772

〒011-0931 秋田県秋田市将軍野東二丁目22−56

親権者を決める

親権

 未成年の子がいる場合、夫婦のどちらかを親権者と決めなければなりません。離婚届にも記入欄があり、必須
のものとなっております。
 子供が小さいうちは、母性が必要ということで、母親が子供を引き取ることが多いようですが、子供がある程
度の年齢になり、自分の意見を言えるようでしたら、子の意見を聞くことも大切でしょう。
 もし、話し合いで決めることができなければ調停ということになります。


監護権
 親権のほかに監護権という言葉を耳にすることがあると思います。
 親権とは身上監護権と財産管理権に分けられます。具体的には、子供が一人前になるように身の回りの世話、
教育、しつけ、身分行為の代理人になるのが身上監護権で、子供に代わって子供名義の財産管理や財産に関する
法律行為を行うのが財産管理権です。

 ただし、親権を持たない親にも子供の扶養義務はあります。
 一般的には、子供を引き取って育てる側が、親権者と監護者を兼ねていますが、親権と身上監護権を切り離し
て親権者とは別に監護者を定めることもできます。

 例えば、父親が親権にこだわり、親権者になれなければ離婚しないと主張したとします。しかし、現実には仕
事などで日常の子供の監護教育ができない場合があります。
 このような場合、両親の話し合いで父親が親権者として子供の法定代理・財産管理を行い、母親が監護者とな
って子供を引き取り身の回りの世話をすることができます。

 しかし、一般的には親権者と監護者を分けることはあまりありません。やむをえない事情がある場合だけと考
えるほうがいいでしょう。







































バナースペース

行政書士 金子里見事務所

〒011-0931
秋田県秋田市将軍野東二丁目22−56

TEL 018-846-1772
FAX 018-846-1772
または
秋田 無料相談 離婚 不倫問題サポート 行政書士 金子里見事務所 全国対応可能 無料相談
クリック 初回メール・電話相談無料
土・日・祝日、時間外も対応可能

SSL通信機能を使用しております。
お客様の情報が外部に漏れることはありません。
メールや電話・FAXによる各種勧誘や営業の電話は、業務の妨げになりますので固くお断りいたします。