本文へスキップ

秋田の離婚問題専門家。離婚相談・養育費・慰謝料・離婚協議書・公正証書・不倫・示談書・内容証明などのご相談と書類作成ならお任せください。全国各地からの依頼とご相談200件超の実績あり

TEL. 018-846-1772

〒011-0931 秋田県秋田市将軍野東二丁目22−56

離婚届の書き方

離婚届の書き方の一例です。

離婚届を提出なさる場合は、必ず市区町村役場の窓口に確認してください。


秋田での離婚相談と離婚協議書・公正証書作成、不倫に関するご相談と内容証明・示談書の作成なら行政書士金子里見事務所へ

@ 実父母が婚姻中の場合は母の氏は書かない
A 婚姻前の氏(旧姓)に戻る場合のみ記入。婚姻中の氏を引き続き名乗りたいときは「婚姻の際に称していた氏を称する届」の届けでをする必要があります。
B未成年の子がいる場合のみ必ず記入。親権を指定しても、それだけでは、子の氏や戸籍に変動はありません。
(9)の夫妻の職業は国勢調査のある年だけ記入です。


秋田での離婚相談と離婚協議書・公正証書作成、不倫に関するご相談と内容証明・示談書の作成なら行政書士金子里見事務所へ

1 届け出る際に持参するもの
 ・届出に押印した印鑑(窓口に来られた方の印鑑で結構です)
 ・本籍地が秋田市以外の場合は、戸籍謄本(戸籍全部証明事項)1通
 ・国民健康保険加入者はその保険証
 ・本人確認資料(官公庁発行の顔写真付のもの。運転免許証、パスポートなど)

2 離婚届をする際の注意点
 ☆協議離婚の場合
 ・届出人は、夫・妻(両名の署名と押印が必要)
 ・届出期間は無く届出をした日から効力を生じます。
 ・承認欄への記載が必要です。証人は成年者(20歳以上)ならどなたでもかまいませんが、必ず証人本人が自  書し、印鑑は各自別々の物を使用してください。

 ☆裁判離婚の場合
 ・届出人は調停の申立人、訴えの提起者
 ・届出期間は、調停成立又は裁判確定の日から10日以内です。
 ・承認欄への記載は不要です。
 ・添付書類
  調停成立の場合⇒調停調書の謄本
  裁判(審判)により成立した場合⇒判決書(審判書)の謄本と確定証明書
 

これは秋田市の例です。他の市区町村でもほぼ同様であるとおもいますが、離婚届提出のときは、必ず窓口で確認してください。



バナースペース

行政書士 金子里見事務所

〒011-0931
秋田県秋田市将軍野東二丁目22−56

TEL 018-846-1772
FAX 018-846-1772
または
秋田 無料相談 離婚 不倫問題サポート 行政書士 金子里見事務所 全国対応可能 無料相談
クリック 初回メール・電話相談無料
土・日・祝日、時間外も対応可能

SSL通信機能を使用しております。
お客様の情報が外部に漏れることはありません。
メールや電話・FAXによる各種勧誘や営業の電話は、業務の妨げになりますので固くお断りいたします。